DevRelCon Tokyo 2020

Tokyo, Japan February 28, 2020, February 29, 2020

https://tokyo-2020.devrel.net/
Tags: Developer marketing, Opensource, Devrel, Developer relations, Community

CFP closed at  November 18, 2019 23:59 UTC
  (Local)

DevRelCon is the first ever end-to-end conference for developer experience and developer relations for practitioners to come together and share their real-world experience of what works, what doesn’t, and how we can improve our craft.

Come join us and share your experience of building amazing developer experiences.

We are 2 days conference. Please choose the day for your talk by tag.

  • 28th: Business Day
    Developer Marketing, Business development, Team management, Executives and etc.
  • 29th: Developer Day
    Open source, Community, Evangelism, Experience, Hackathon, Event and etc.

Every session has 20 min. No Q&A.

We need short interview time with you when you become to our great speaker. It’s online and 30-60min.


DevRelConは開発者向けマーケティングであるDevRel(Developer Relations)に関する体験、テクニック、ナレッジ、改善などを共有するカンファレンスです。

ぜひあなたのこれまでに行ってきた開発者に対する経験を語ってください。

※ すべてのセッションは英語です。

カンファレンスは二日間あります。マッチするタグを忘れずに付けてください。

  • 28日: ビジネスデー 開発者マーケティング、BizDev、チーム管理、経営、その他
  • 29日: デベロッパーデー オープンソース、コミュニティ、エバンジェリスト、経験、ハッカソン、各種イベント、その他

セッションは20分です。Q&Aはありません。

スピーカーに選ばれた場合、オンラインでのインタビューを行いますのでご協力ください。30〜1時間の予定です。

CFP Description

When submitting abstracts, please consider where your talk may fit in the end-to-end experience. For instance:

  • You have a great new open source project! How do you capture new users and create a seamless on-boarding experience?
  • You have initial users of your product! How to understand and nurture your existing users first, and then leverage your nurture assets for demand gen.
  • Best practices between Support - Docs - Training - Eng - and Product - (and more!) for a stellar on-boarding and docs experience (or new ways to divide and conquer).
  • You’ve built a loyal fanbase! How to keep them happy and manage expectations, while introducing new functionality for growth.
  • “Champions,” “captains,” “ambassadors,” …. Best ways to appreciate and get help from your passionate users and thought leaders.
  • How to explain the DevRel to executives at first
  • How to increase your business with DevRel

and of course …

  • how do you scale all of this without compromising essential elements of the developer experience?
  • metrics metrics metrics!

CFPを提出する際には、DevRelのどこにフィットするのかを考慮してください。例えば、

  • 素晴らしいオープンソースプロジェクト!新しいユーザーを獲得し、快適なユーザ体験をどう創り出せば良いか
  • 初期ユーザを獲得した後。既存のユーザを理解し、育成し、その資産を利用して需要を増やす方法。
  • サポートとドキュメント間のベストプラクティス - ドキュメント - トレーニング - エンジニアリングと製品 - ドキュメント体験
  • ファンサイト構築。成長のため新しい機能を導入しながら、それらを快適に保ち、期待を管理する方法。
  • あなたの情熱的、熱狂的なユーザやリーダーを理解して助けてくれる最もよい方法。
  • DevRelをいかに経営層に理解してもらうか
  • DevRelによってビジネスをどう成長させたか

そしてもちろん …

  • 開発者の体験を損なうことなく、どのように拡張していくか

Attendees (3)